スーパーブラッドムーン(2021)は不吉?見てはいけないのか調査!

2021年5月26日(水)の満月は、スーパーブラッドムーン(Super Blood Moon)と呼ばれている珍しい満月になります。

満月が最も大きく見えるスーパームーンと皆既月食のブラッドムーンが同時に起こる特別な満月なので、話題になっています。

一方で、スーパーブラッドムーンは「見ない方がいい」とか「見るといいよ」といろいろなご意見もあることから調査をしてみました。

この記事でわかることは

  • スーパーブラッドムーンは、不吉なことが起こるって本当?
  • スーパーブラッドムーンは、見ると運が良くなるというのは?
  • スーパーブラッドムーンは、結局のところ見てはいけないの?

ということで、

今回はスーパーブラッドムーン(2021)は不吉?見てはいけないのか調査!と題して、スーパーブラッドムーンを見るとラッキーなのかアンラッキーになるのかをご紹介していきます。

スーパーブラッドムーン(2021)は不吉?

5月の満月はフラワームーンと呼ばれているので、2021年5月の満月は「スーパーフラワーブラッドムーン(Super Flower Blood Moon)」とも言われています。

ブラッドムーンは英語で「血の月」という意味ですが、皆既月食の時に満月の色が赤黒く見える=血の色のように見えてブラッドムーンと呼ばれています。

スーパーブラッドムーンが不吉と言われる理由

古来からブラッドムーンは、不吉なことが起きると言い伝えがありました。

ブラッドムーンが不吉と言われる理由は、

  • 月が血のように見えるので、気味が悪くて不安になる
  • 東洋・西洋の古文書には、月が赤く染まると大地震が起こると書かれていた
  • 東日本大震災の前後に月食が起きていた

もちろん科学的な根拠はありません。

太陽と地球と月が一直線になったときに、ちょうど月が地球の影に隠れて皆既月食が起こります。

皆既月食になると、赤銅色(しゃくどういろ)と呼ばれる赤黒い月に見えて、さらにスーパームーンが重なることで、満月がより大きく見えます。

月が赤黒くて大きいだけで不気味に見えて、昔の人は不安=不吉なことが起きるという言い伝えになったのではないかと考えられます。

最近では、不安にさせないようにするためか「レッドスーパームーン(Red Super Moon)」とも言われています。

昔からの言い伝えでは、古代インドには、ラーフという魔神が月を飲み込み月食が起きるという伝説や
北欧では、狼が月を飲み込んで皆既月蝕が起きるという言い伝えがありました。

今の時代のように皆既月食の仕組みがわからなければ、いつもの月と違って見えるような現象は恐ろしいことに違いないと思えても仕方がないですね。

また、皆既月食と地震の関係性ですが、月は地球の周りをゆで卵のように楕円で回っています。

月は、太陽や地球などの重力を受けて変化し、月が地球に近づくスーパームーンの現象が起こります。

スーパームーンの時には、地球にも太陽と月の引力の影響が及び潮の満ち引きだけでなく、地震をも引き起こしているのではないかと言われています。

すべての地震に月食は影響していませんが、東日本大震災の前後には3回も月食があったそうです。

実のところ、M9・0の揺れが東日本を襲った「3・11」の前後にも月食は起きていた。

前年の10年には1月1日、6月26日、12月21日の3回、地震発生後の11年には6月16日と12月10日に日本で観測されている。

国立天文台の関係者は「月食の頻度は、通常は1年に1~2回ぐらい。3回も起きるというのは、非常に珍しく、30年で1度あるかないかの現象だ」と説明する。
https://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141007/dms1410071830011-n2.htm

古文書にもあり、実際に月食が起きた後に大きな地震も起きているのでブラッドムーンは不吉と言われている理由ではないでしょうか。

スーパーブラッドムーンは幸運という人も!

スーパーブラッドムーンが見れて幸運と言う人の理由は、

  • 前回のスーパーブラッドムーンは、2015年9月28日だが日本では見えなかった
  • 次にスーパーブラッドムーンを見るのは、2033年10月8日
  • 2021年の中で一番大きく見える満月が2021年5月26日(水)の満月だから

言い伝えや科学的根拠は一切除外して、単純に日本の広範囲でスーパーブラッドムーンが見えるチャンスがあるからラッキーということです。

日本で見えた皆既月食から計算すると日本で見えたものに限定すると、1997年9月17日の24年前ということになります。

2021年の最も大きく見える満月が皆既月食で見れるというめったにない天体チャンスということもあって、見れるのは幸運と言われているのではないでしょうか。

フラワームーン(2021)はいつからで方角は?意味や願い事も!フラワームーン(2021)はいつからで方角は?意味や願い事も!

また、5月の満月の夜に日本で行われる、ウエサク祭(五月満月祭)という秘儀があります。

お釈迦様の誕生日・悟りを開いた日・入滅の日に関係してウエサク祭が始まったと言われています。

花が咲き始める5月は天界から強いエネルギー降り注ぐと言われ、宇宙のエネルギーを自分自身に引き寄せるためにウエサク祭に参加される人も増えてきたようです。

2021年は、このようなご時世なので一般公開はしない方法でまつりごとは行われるそうです。

スーパーブラッドムーンで月のパワーを浴びたい人は、家から見ましょう!ということですね。

スーパーブラッドムーン(2021)は見てはいけない?

スピリチュアル的には、太陽や月には人間にパワーを与えてくれるエネルギーがあると言われています。

スーパーブラッドムーンを見ない方がいいと仰っている人は、

皆既月食によって、月が地球の影に隠れることから月のエネルギーが弱まり、人間にも良くない影響が起こるから

という見解です。

だから、その日は月のパワーが弱っているからその日は何もしない方が良いと言っています。

その逆のスーパーブラッドムーンを見た方がいいと仰っている人は、

スーパームーンによって月のエネルギーが強いから、満月を見て自分の描く人生を想像しましょう

という考えの人もいます。

その日は、感謝の気持ちを表しながら満月を見ると良いと言っています。

私はポジティブに行きたいので、スーパーブラッドムーンを見て人生上々するぞ!ぐらいの意気込みで月を見たいと思います。

気をつける事には越したことはないですが、不安をあおらないためにも「スーパーブラッドムーン」ではない呼び方で言いたいと思います。

「スーパーレッドムーン」や「スーパーフラワーレッドムーン」と呼んだほうがワクワクできますね。

シンプルに天体を純粋に楽しみたいけど雲が多くて見れないという人は、直国立天文台では皆既月食のライブ配信も行われます。


スーパーブラッドムーンをライブ配信で見たい人は専門的なお話も聞けると思うので要チェックですよ!

スーパーブラッドムーン(2021)は不吉?見てはいけないのか調査!のまとめ

スーパーブラッドムーン(2021)は不吉?見てはいけないのか調査!ということでお伝えしてきました。

2021年5月26日(水)のスーパーブラッドムーンをまとめると

  • スーパーブラッドムーン(2021)は皆既月食による満月が赤銅色に見えることから不吉と言われている
  • スーパーブラッドムーン(2021)は地震にも注意と言われている
  • スーパーブラッドムーン(2021)を見てはいけないという見解の人は、静かに過ごすと良い
  • スーパーブラッドムーン(2021)を見て良いという見解の人は、満月の光を浴びて自分の成功を想像

スーパーフラワーブラッドムーンは不吉なのか幸運なのかに正解はないと思います。

不吉の予感がするのであれば見なくて良いですし、見れたらラッキーと思う人はご自身のお住まいで見れるかどうかをチェックしておきましょう!

ステキな夜になりますように~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!